Toll flags

企業方針及び手続等

トールの企業方針及び手続は、トールの企業運営の枠組みとなっています。

グローバル企業としてのトールの活動及び行動は多くの利害関係者(社員、お客様及びサプライヤから労働組合、政府、消費者、トールが活動する地域コミュニティに至るまで)に影響を及ぼすことを認識しております。 トールでは、成功に至るまでの過程が成功そのものと同様に重要であり、倫理的にそして法律の下で活動しなければならないと考えています。

このため、トールは事業活動及び利害関係者との関係において、開放性及び透明性の向上に取り組んでいます。 トールの準拠行動規範及び方針には、お客様とのお取引においてトールが求められること、また必要に応じてトールがお客様に求めることが定められています。

トールの企業方針及び手続には以下が含まれています。

倫理的問題は時としてどんな社員の職場環境からも発生し得ります。 トールは社員が直面し得る倫理的な問題の多くに対応するための行動規範を作成し、社員に求められることを定めました。

才能ある多様な社員が重要な競争力を持った強みであり、トールの成功は社員の能力と技術の反映であると考えています。 同方針は、雇用における機会均等を定義し、均等な雇用機会や、多様な才能ある人材を惹きつけ、迎え入れ、環境の促進、敬意と尊厳、公正さを持って公平に皆を取扱うこと規定しています。

トールは誠実さ、正直さそして責任感が高い水準となるよう取り組んでいます。 トールは倫理的な行動を重要視し、同規範に記載される信念及び価値に沿って常に行動します。

同方針は、あらゆる点において継続的改善を模索し達成できるよう、全管理職、社員、取引先、サプライヤの継続的な関与と全面的な取り組みを目指しています。

倫理的に法の範囲内で活動すべきであるというのはトールの重要な考えの一つです。 国際的な納税義務を管理するためのトールの取組みが同方針には規定されています。

同方針は、環境に影響を及ぼすあらゆるトールグループの活動をカバーしています。

提供された個人情報を保護することは重要なことです。 1988年プライバシー法に含まれる国内プライバシー原則に沿って、トールがいかに個人情報を取得、利用、保護するのかを理解するために、同個人情報管理に関する声明が役立ちます。

同方針には、危険物に分類される製品の輸送、取扱い及び保管において、トールがいかにお客様に安全かつ確かなサービスをご提供するのかが詳しく記載され、また全社員、コミュニティ及び環境の安全性について規定されています。

トールが活動するコミュニティ及び取引のある個々人の権利及び利益を尊重します。 この声明は、全社員(及びビジネスパートナー)を敬意と誠実さを持って取り扱い、トールのサプライチェーンまたはビジネスに関係のある個人の虐待に対する適切な対策を維持するための取組みを記載しています。