Toll graduates

幹部候補生プログラム

 

トールに就職する理由

トールは、好奇心にあふれる精神が私たちのロジスティクスの未来を形作る、と考えています。

トールのGraduate Programに参加する新入社員は、世界50カ国に進出している数十億ドル規模の大企業の一員として活躍します。新入社員は、オペレーション部門においてキャリアを発展させたいという意欲に満ちた、若きプロフェッショナルと見なされます。オペレーション部門の中で仕事をしながら、トール施設の業務や、お客様に求められるサービスを提供するために必要なことは何かを学びます。

トラック輸送はトール業務のほんの一面に過ぎません。トール業務は航空機、船舶、ヘリコプターなど、様々な輸送手段にまたがります。

新入社員は、二年間にわたり、フォワーディングからロジスティクス、サプライチェーン・ソリューションまで様々なトールの業務をこなして経験を積みます。本プログラムでは、様々な仕事をローテーションで経験しながら、継続的改善への取り組み、人事管理、財務、安全性、テクノロジーを実体験でき、新入社員にトールの業務を基礎から身につけてもらうためのものです。

提供される研修とサポート

仕事を行いながら、トールがお客様に求められるサービスを提供することにも貢献する新卒研修生には、次のような利益が与えられます。

  • リーダー養成に焦点を当てた、それぞれの資質に合わせて構成される学習・技能開発機会

  • トール業務の様々な側面を網羅する広範囲ローテーション

  • 親身にサポートする担当チーム

  • 会社幹部と知己を結ぶ機会

  • 上司や同僚からのキャリアアドバイス、ガイダンス、サポート

応募方法

トールの採用方式は通常と異なり、採用決定と着任が同じ年度に行われます。研修開始は7月です。新卒採用の要件は以下の通りです。

  • 2017年以降に学部もしくは大学院を卒業、あるいは20196月までに終了予定であること。

  • 20197日からフルタイムで働けること。

  • 応募時に、応募した事業所の所在国の国民もしくは永住権保持者であること。

  • 運転免許を持ち、使用できる自家用車があること。(トール事業所は中心街区を離れたところに存在し、倉庫も国内各所の工業区画にあるため。

  • ロジスティクス業界で働く意欲。

  • 複数の言語を話せる人が非常に求められています。

採用プロセス

着任初日から、良く理解し合って働けるように、採用手順は細かいものになっています。オンラインでできる手順もあれば、直接面談して行うものもあります。

  • オンライン応募

  • 認識力試験

  • ビデオ面接

  • 評価センター

  • 行動評価

  • 面談

  • オファー

面談時にかかる交通費等は応募者負担になります。応募やお問い合わせは、以下までメールでお願いいたします。[email protected]

よくある質問

勤務地はどこですか?
トール事業所の多くは郊外の、主に工業区画にあります。トールは50カ国に事業展開しており、新卒研修の一環として海外で働く機会が得られることもあります。ビクトリア州内の事業所は、主に北西部に存在しています。
 
なぜ運転免許と自家用車が必須なのですか?
トール事業所の近くに公共交通機関が存在しない場合が多々あります。また、事業所の多くは24時間営業であり、決められたシフトのために随時事業所まで行き来する必要があります。
 
就業時間はどうなりますか?
「トラックがなければ、オーストラリアは動かない」ということわざがあります。ロジスティクスは24時間ビジネスであり、職場によって勤務時間も様々です。
 
プログラム構成はどうなっていますか?
プログラム期間は2年間で、一年目は4ヶ月ごとに3カ所のローテーション、二年目は6ヶ月ずつ2カ所のローテーションとなります。新卒者は、2年間かけてリーダー養成に的を絞った総合的な研修を受けることになります。
 
新卒者がローテーションで回るのは、どのような事業ですか?

新卒者は、『グローバル・ロジスティクス』の全体をローテーションで回ります。また、大規模FMCG/リテール業者のサイトや、輸出入ビジネスの全体を体験できる『グローバル・フォワーディング』、そして複数の輸送手段を駆使したり特殊貨物やエクスプレス貨物に対応したりする『エクスプレス・サービス』などもローテーションに入ります。上記の三部門がトールの基幹5事業のうちの3つです。また、これらに属さない特殊な部署、たとえば営業開発やサプライチェーン・ソリューションなどもローテーションに入ります。このプログラムは、新卒者がトールの基幹事業を理解し、またビジネスがどのように動いているかを学べるように構成されています。

 
研修後は業務を続けることになりますか?
はい。プログラムは実務に焦点を当て、トール全体においてこれからの人材を育てることを目指しています。研修を修了した社員は、それぞれの事業部門に配属されて業務に当たります。
 
どんな資質が求められていますか?

トールは、会社に合った新卒者を求めています。トールが理想と考える人材とは、好奇心を持っている人、自分の殻を破れる人、疑問や意見を述べる勇気がある人です。

2018年度新卒者募集プログラムは、メルボルン、シドニー、オークランド、シンガポールで募集を行いました。

2019年度は更に2カ国拡大される予定であり、別途お知らせいたします。

以下に、採用にあたって重視される資質を示します。

  • 安全は全ての根幹です。安全に対する意識が高いことは必須です。

  • 対人関係  自分に閉じこもらず、いろいろな人とそつなくつきあえること。

  • コミュニケーション能力  異なる相手方のニーズを理解し、様々な手段で相互理解を醸成・発展できること。

  • 顧客第一主義  お客様と信頼関係を結び、お客様を第一に考えたソリューションを提示できること。

  • 実行力  新たな機会にチャレンジし、困難にあっても熱意とやる気を持って突き進めること。

    以下の専門を中心に、出身学部・専攻を問わず募集します。

  • サプライチェーンおよびロジスティクス

  • 経営/商学

  • 工学

興味を持たれた方は、電子メール  [email protected]宛に資料をご請求ください。